M5、M6ドライバー・フェアウェイウッド・レスキュー・アイアン<テーラーメイド>

テーラーメイド M5ドライバー、M6ドライバーに関する情報サイト。試打・評価・感想・フェアウェイウッド・レスキュー・アイアンの最新情報を取り扱い。

最新のMシリーズのアスリート向けアイアンについて、
前作との比較をされているブログがありましたので、紹介します。

M5アイアンとM3アイアンについて、比較されています。


_1_Image3


テーラーメイドのMシリーズは、
毎年アスリート向けとアベレージ向けの2種類のモデルが発売されています。

そのため、モデルの比較と言う意味では、
その年のモデルで比べるより、世代間のアスリート向け同士、または、アベレージ向け同士で比べないと意味がありません。

アスリート向けであれば、M1とM3、M3とM5、
アベレージ向けであれば、M2とM4、M4とM6アイアン、
といった具合です。

テーラーメイドのアスリート向けモデルは、
ウッド系は好まれていますが、アイアンはイマイチなところがあります。

形状を見てもソールが分厚いため、
コントロール性という点では疑問符が付くのかもしれません。

アイアンの場合、アスリートというより、
中級者のなかの上~中ぐらいの方というイメージになるかと思います。

M3アイアンとM5アイアンの違いについて、
下記ブログを読んでみると理解が深まるかもしれません。

M5アイアンとM3アイアンの違いを徹底解説!


2018年に引き続き、2019年のドライバー市場は、
キャロウェイとテーラーメイドがぐいぐい引っ張っています。

キャロウェイはエピックフラッシュ。
AIデザインという今風のキーワードを持ってきました。

対して、テーラーメイドはM5、M6
M3、M4の2019年版がでるのではという予想もありましたが、
数字をカウントアップして、新たなモデルを投入してきました。

どちらがどうよいのか。
ドライバーの購入を検討している人には迷ってしまうテーマです。

こちらの動画でこのテーマを取り扱っています。



のりはちょっと微妙ですね。

昔のテレビ番組を見てるような感じがしますが、
妙なアゲアゲのノリを出されるより、
こういう方が意外と良いのかもしれませんね。

テーラーメイドのM6ドライバーとM4ドライバー、
新旧モデルで、どちらの方が飛ぶのか、
試してみたくなるテーマです。

実際に、計測したケースがありましたので、
コチラの動画を紹介します。



結論から言いますと、
変化なし
です。

一般の方のデータというのは、
殆どの方に当てはまるとも考えられますので、
とても参考になります。

ニューモデル、最高反発と言えど、
反発性能にはルール限界値があるわけですから、
そうそう変わらないのが現実かもしれません。

その点、ゼクシオのスイング起動をクラブの方で改善させようという試みは、
飛距離を現実的に伸ばす意味で、的を射ているように思います。

ゴルフ市場さんでの相場価格を見ると、
M6ドライバーの最安値が47000円ぐらいで、
M4ドライバーの最安値が28000円ぐらいなので、
どうでしょう。

2万円の差を考えると、
M4で良いかもと思える検証結果でした。

↑このページのトップヘ