M6 D-TYPEドライバーのヘッド内部映像です。

クラウンの内部、そして、ウェイトがどこに搭載されているかが、
良くわかる映像です。



M6のD-TYPEですので、
ドローバイアスになっています。

重心距離を短くする設定で、ヘッドの返りがよくなっています。
実際、つかまりが良いという評価が聞こえてきますので、
スライスで悩んでいる方で、スイングスピードが遅くない方は、
使ってみると良いと思います。

なお、USモデルになりますので、
シャフトは1つ柔らかめを選択すると良いと言われています。

普段、Sを使っているかたはRです。
それでも若干硬いという感想も聞こえてきます。