M5、M6ドライバー・フェアウェイウッド・レスキュー・アイアン<テーラーメイド>

テーラーメイド M5ドライバー、M6ドライバーに関する情報サイト。試打・評価・感想・フェアウェイウッド・レスキュー・アイアンの最新情報を取り扱い。

2019年02月

テーラーメイドのM6ドライバーとM4ドライバー、
新旧モデルで、どちらの方が飛ぶのか、
試してみたくなるテーマです。

実際に、計測したケースがありましたので、
コチラの動画を紹介します。



結論から言いますと、
変化なし
です。

一般の方のデータというのは、
殆どの方に当てはまるとも考えられますので、
とても参考になります。

ニューモデル、最高反発と言えど、
反発性能にはルール限界値があるわけですから、
そうそう変わらないのが現実かもしれません。

その点、ゼクシオのスイング起動をクラブの方で改善させようという試みは、
飛距離を現実的に伸ばす意味で、的を射ているように思います。

ゴルフ市場さんでの相場価格を見ると、
M6ドライバーの最安値が47000円ぐらいで、
M4ドライバーの最安値が28000円ぐらいなので、
どうでしょう。

2万円の差を考えると、
M4で良いかもと思える検証結果でした。

M6 D-TYPEドライバーのヘッド内部映像です。

クラウンの内部、そして、ウェイトがどこに搭載されているかが、
良くわかる映像です。



M6のD-TYPEですので、
ドローバイアスになっています。

重心距離を短くする設定で、ヘッドの返りがよくなっています。
実際、つかまりが良いという評価が聞こえてきますので、
スライスで悩んでいる方で、スイングスピードが遅くない方は、
使ってみると良いと思います。

なお、USモデルになりますので、
シャフトは1つ柔らかめを選択すると良いと言われています。

普段、Sを使っているかたはRです。
それでも若干硬いという感想も聞こえてきます。



M5、M6のフェアウェイウッドについて、
語っています。

が、

途中からPINGのG410フェアウェイの話も出てきます。

フェアウェイウッドは、
スピン量が減って、打ち出し角が高いので、
一番手上の飛びが出るでそうです。

M5フェアウェイ、M6フェアウェイは早速、価格競争で値下げも出ているので、
買いやすくなっています。

テーラーメイドの話題のドライバー、M5とM6。

どちらが良いかを3upCLUBで議論した動画です。



元も子もないですが、
M5とM6はどっちを買うか?と比較するものでは、
ないんじゃないかという方もいると思います。

ただ、敢えて、こういった議論がなされることで、
M5の特徴、M6の特徴がはっきり浮き上がってきます。

_11_Image4

M6は、M4、M2と比べて、そんなにスピードが出る感じはないが、
構えやすいし、打感も良いし、使いやすい、
といった意見が出ていました。

PGAの選手では、M5利用が多く、
ダスティンジョンソンはM5からM6に変えたそうです。

前作もM3の方が多かったそうです。

ということで、
Mシリーズは奇数のM1、M3、M5が上級者向け、
という位置づけは続いているようです。

「M6ドライバー」をGDOで探す
「M5ドライバー」をGDOで探す
「M6ドライバー」の最安値をチェックする
「M5ドライバー」の最安値をチェックする



テーラーメイドのM5・M6ドライバーは、
スピードインジェクションという新たなテクノロジーが採用されています。

  • 何か注射器で入れるらしい
  • 反発性能が優れているらしい
といったことは想像つきますが、
具体的にどのようなものかを知ると、
テーラーメイドの今回の製造開発の秀逸さに驚かされます。

スピードインジェクションについて、
分かりやすい解説がありましたので、
M5・M6を検討されている方、また、既に購入されている方も、
詳しく知っておくと良いと思います。

M6ドライバーがギリギリを超えた最大反発を持つ理由がすごい!スピードインジェクションを解説!
http://driver-2019.livedoor.biz/archives/15710433.html

↑このページのトップヘ