M5、M6ドライバー・フェアウェイウッド・レスキュー・アイアン<テーラーメイド>

テーラーメイド M5ドライバー、M6ドライバーに関する情報サイト。試打・評価・感想・フェアウェイウッド・レスキュー・アイアンの最新情報を取り扱い。

カテゴリ: M5

最新のMシリーズのアスリート向けアイアンについて、
前作との比較をされているブログがありましたので、紹介します。

M5アイアンとM3アイアンについて、比較されています。


_1_Image3


テーラーメイドのMシリーズは、
毎年アスリート向けとアベレージ向けの2種類のモデルが発売されています。

そのため、モデルの比較と言う意味では、
その年のモデルで比べるより、世代間のアスリート向け同士、または、アベレージ向け同士で比べないと意味がありません。

アスリート向けであれば、M1とM3、M3とM5、
アベレージ向けであれば、M2とM4、M4とM6アイアン、
といった具合です。

テーラーメイドのアスリート向けモデルは、
ウッド系は好まれていますが、アイアンはイマイチなところがあります。

形状を見てもソールが分厚いため、
コントロール性という点では疑問符が付くのかもしれません。

アイアンの場合、アスリートというより、
中級者のなかの上~中ぐらいの方というイメージになるかと思います。

M3アイアンとM5アイアンの違いについて、
下記ブログを読んでみると理解が深まるかもしれません。

M5アイアンとM3アイアンの違いを徹底解説!


2018年に引き続き、2019年のドライバー市場は、
キャロウェイとテーラーメイドがぐいぐい引っ張っています。

キャロウェイはエピックフラッシュ。
AIデザインという今風のキーワードを持ってきました。

対して、テーラーメイドはM5、M6
M3、M4の2019年版がでるのではという予想もありましたが、
数字をカウントアップして、新たなモデルを投入してきました。

どちらがどうよいのか。
ドライバーの購入を検討している人には迷ってしまうテーマです。

こちらの動画でこのテーマを取り扱っています。



のりはちょっと微妙ですね。

昔のテレビ番組を見てるような感じがしますが、
妙なアゲアゲのノリを出されるより、
こういう方が意外と良いのかもしれませんね。

M6 D-TYPEドライバーのヘッド内部映像です。

クラウンの内部、そして、ウェイトがどこに搭載されているかが、
良くわかる映像です。



M6のD-TYPEですので、
ドローバイアスになっています。

重心距離を短くする設定で、ヘッドの返りがよくなっています。
実際、つかまりが良いという評価が聞こえてきますので、
スライスで悩んでいる方で、スイングスピードが遅くない方は、
使ってみると良いと思います。

なお、USモデルになりますので、
シャフトは1つ柔らかめを選択すると良いと言われています。

普段、Sを使っているかたはRです。
それでも若干硬いという感想も聞こえてきます。



M5、M6のフェアウェイウッドについて、
語っています。

が、

途中からPINGのG410フェアウェイの話も出てきます。

フェアウェイウッドは、
スピン量が減って、打ち出し角が高いので、
一番手上の飛びが出るでそうです。

M5フェアウェイ、M6フェアウェイは早速、価格競争で値下げも出ているので、
買いやすくなっています。

テーラーメイドの話題のドライバー、M5とM6。

どちらが良いかを3upCLUBで議論した動画です。



元も子もないですが、
M5とM6はどっちを買うか?と比較するものでは、
ないんじゃないかという方もいると思います。

ただ、敢えて、こういった議論がなされることで、
M5の特徴、M6の特徴がはっきり浮き上がってきます。

_11_Image4

M6は、M4、M2と比べて、そんなにスピードが出る感じはないが、
構えやすいし、打感も良いし、使いやすい、
といった意見が出ていました。

PGAの選手では、M5利用が多く、
ダスティンジョンソンはM5からM6に変えたそうです。

前作もM3の方が多かったそうです。

ということで、
Mシリーズは奇数のM1、M3、M5が上級者向け、
という位置づけは続いているようです。

「M6ドライバー」をGDOで探す
「M5ドライバー」をGDOで探す
「M6ドライバー」の最安値をチェックする
「M5ドライバー」の最安値をチェックする



↑このページのトップヘ