M5、M6ドライバー・フェアウェイウッド・レスキュー・アイアン<テーラーメイド>

テーラーメイド M5ドライバー、M6ドライバーに関する情報サイト。試打・評価・感想・フェアウェイウッド・レスキュー・アイアンの最新情報を取り扱い。

タグ:m5

2018年に引き続き、2019年のドライバー市場は、
キャロウェイとテーラーメイドがぐいぐい引っ張っています。

キャロウェイはエピックフラッシュ。
AIデザインという今風のキーワードを持ってきました。

対して、テーラーメイドはM5、M6
M3、M4の2019年版がでるのではという予想もありましたが、
数字をカウントアップして、新たなモデルを投入してきました。

どちらがどうよいのか。
ドライバーの購入を検討している人には迷ってしまうテーマです。

こちらの動画でこのテーマを取り扱っています。



のりはちょっと微妙ですね。

昔のテレビ番組を見てるような感じがしますが、
妙なアゲアゲのノリを出されるより、
こういう方が意外と良いのかもしれませんね。



M5、M6のフェアウェイウッドについて、
語っています。

が、

途中からPINGのG410フェアウェイの話も出てきます。

フェアウェイウッドは、
スピン量が減って、打ち出し角が高いので、
一番手上の飛びが出るでそうです。

M5フェアウェイ、M6フェアウェイは早速、価格競争で値下げも出ているので、
買いやすくなっています。

テーラーメイドの話題のドライバー、M5とM6。

どちらが良いかを3upCLUBで議論した動画です。



元も子もないですが、
M5とM6はどっちを買うか?と比較するものでは、
ないんじゃないかという方もいると思います。

ただ、敢えて、こういった議論がなされることで、
M5の特徴、M6の特徴がはっきり浮き上がってきます。

_11_Image4

M6は、M4、M2と比べて、そんなにスピードが出る感じはないが、
構えやすいし、打感も良いし、使いやすい、
といった意見が出ていました。

PGAの選手では、M5利用が多く、
ダスティンジョンソンはM5からM6に変えたそうです。

前作もM3の方が多かったそうです。

ということで、
Mシリーズは奇数のM1、M3、M5が上級者向け、
という位置づけは続いているようです。

「M6ドライバー」をGDOで探す
「M5ドライバー」をGDOで探す
「M6ドライバー」の最安値をチェックする
「M5ドライバー」の最安値をチェックする



テーラーメイドのM5・M6ドライバーは、
スピードインジェクションという新たなテクノロジーが採用されています。

  • 何か注射器で入れるらしい
  • 反発性能が優れているらしい
といったことは想像つきますが、
具体的にどのようなものかを知ると、
テーラーメイドの今回の製造開発の秀逸さに驚かされます。

スピードインジェクションについて、
分かりやすい解説がありましたので、
M5・M6を検討されている方、また、既に購入されている方も、
詳しく知っておくと良いと思います。

M6ドライバーがギリギリを超えた最大反発を持つ理由がすごい!スピードインジェクションを解説!
http://driver-2019.livedoor.biz/archives/15710433.html

テーラーメイドを代表するモデルといえば、これまでRシリーズ、エアロバーナー、RBZなど多数あります。最近では、Mシリーズとグローレシリーズ、そして、グローレはMグローレの誕生でMシリーズに取り込まれた感もあるので、Mシリーズが人気モデルと言えるでしょう。

さて、そんなMシリーズですが、Mの意味をご存知ですか?
M5、M6を取り上げていて、Mについてふと疑問に思いましたので調べてみました。
本当はテーラーメイドに聞きたいところですが、なかなか教えてもらえる感じもしないので、ネットで調べて見ました。

_1_Image2

「マルチマテリアル構造を活用し、クラブ開発の限界を超える」というコンセプト
引用:http://tmag8624.jp/tm_japan/doc/170111_01.pdf
M6ドライバー、マルチマテリアル構造で46gのウェイトを搭載
引用:https://www.aftergolf.net/gekiyasu/club/1/1/11/TE/awk54550/
「Mシリーズの『M』は、Multi Material(マルチマテリアル=複数の素材)の頭文字です。チタンやグラファイトなど多様な素材を複合している構造を強くアピールしたいことから、このネーミングがつけられました」
引用:https://lesson.golfdigest.co.jp/gear/topics/article/68697/1/
MはMulti MaterialのMで、マルチマテリアルは複数の素材を意味します。
単一素材ではなく、素材を複数使うことで、主に軽量化を図っているのでしょう。
そして、ウェイトとして反映して、理想的な重心設計に仕上げられます。

↑このページのトップヘ